胃カメラを楽に受ける方法

胃カメラを容易に受ける選択肢について説明します

胃カメラをスムーズに受ける手法とポイント

検査時に苦痛が生じる主な要因について

胃カメラは、腹の超音波検査と同じ様に横になれば完了という検査ではありません。往々にして苦しくなってしまうことがあります。 どうして苦しいのかといいますと、人には嘔吐反射と言う反射があるためです。 どんな人でもノドに指を入れると吐き気がするはずです。指に代わってカメラを入れてもほぼ同じことが起こります。 これに関しては人に備わった機能なので、カメラを入れると吐き気がするという方が自然です。 しかしながら嘔吐反射が強いと、胃及び食道のつなぎ目が裂け出血があります。 また、カメラでのどや食道の壁に穴が開いてしまうことがあります。 嘔吐反射、あるいは緊張が強いほど、こうしたことが起こる頻度が高くなるので、可能な限り楽に受けるための取り組みが必要になります。

楽に受けるための押さえておきたいポイント

胃カメラを楽に受けるには、複数のポイントがあります。 まず第一に、検査前には局所麻酔を行ないます。 麻酔に関しては刺激が強力で弱冠不快ですが、これをしっかりやる程嘔吐反射が軽減でき、検査そのものは楽になります。 さらに、検査している間は深呼吸が重要になります。一般的に考えて鼻側より吸って口サイドから吐く呼吸でと言われていますが、各々が行ない易い方法で行いましょう。いずれにせよゆっくりとても大きな深呼吸を継続します。 しばしばカメラが口に入ってくるのをブロックしようとする人もいますが、無用な抵抗は止めておきましょう。ツバは飲むと気管に入りむせ込むケースがあるので、多少無理してでも飲まないで口外に流しましょう。

スムーズに検査を行うための二つの選択肢とは

さらに、容易に検査を行いたい場合、2つの方法があります。ひとつは、麻酔の注射を活用する方法です。 麻酔を利用することによって嘔吐反射をコントロールする方法です。 投じる麻酔には複数の種類があり、一種類のみ利用するのか、あるいは複数併用するのかで麻酔の深度が変化していきます。 あらためていうまでもなく使う程麻酔が効いて検査そのものは楽ですが、副作用が出るリスクも高くなります。 もう1つの方法は鼻から入れる手法です。 実際のところ鼻から入れると、解剖学的な要因で嘔吐反射が現れにくくながります。 しかしながらこれには個人差が見受けられ、場合によってはあまり楽ではなかったという人もいます。 それに加えて、鼻は込み入った構造になっていることから、胃カメラがぶつかることにより痛みを感じ取ったり、鼻血が出たりすることが可能性としてあります。

人気記事ランキング