胃カメラは専門医が行います

洗浄管理をして胃カメラの検査をしています

ガイドラインに沿って胃カメラをしているので安心です

超音波洗浄器で感染対策をしています

体内の様子を観察するためには、カメラを使用しましょう。胃の様子は特殊な機器を使用しなければなりませんが、超音波洗浄器を使って、衛生管理を徹底させているので、感染対策には全力を注いでいます。また、カメラの洗浄管理履歴も徹底されています。胃のなかに入れるカメラは、ガイドラインを遵守していますし、品質も保証されているので、痛みを感じることはありません。クリニックでは、世界トップクラスの症例数がありますし、高精度な観察を行っているので、胃の内部をすぐに確かめることができます。トラブルが生じたら、迅速に治療をします。また、患者には、症状が出るまえに、定期的な検査をするようにアドバイスしているので、症状の悪化を抑えることができます。

小さなことでも、最終的には大きなことにつながってしまうので、気を付けましょう。胃の内部にカメラを入れるときは、慎重に行動していますが、どうしても、異変の原因が分からないときは、ハイビジョンの内視鏡を使用して、更に、詳細な観察をしています。ポリープなどが見つかったら、日帰り手術を受けることもできます。手術は部位によって、施術内容が変わりますし、値段も変化します。クリニックでは、カメラだけではなく、内視鏡を使って、検査が受けられます。土日や祝日でも、検査が受けられるので、初診であれば、保険証を持参して、体内の様子を観察しましょう。

鼻のなかから入れることもあります

体内にカメラを入れるとなると、抵抗を感じてしまうかもしれませんが、鼻のなかからカメラを入れて、内視鏡検査が受けられるシステムも導入されているので、無理をしないようにしましょう。鼻から内視鏡を入れるときは、鎮痛剤は使用しません。しかし、どうしても痛みを感じてしまう場合は、鎮痛剤を使います。鎮痛剤は、熟練した内視鏡の技術士が様々なものを組み合わせながら、検査をするので、安心しましょう。内視鏡のスコープの先端には、レンズやライトが付いています。性能が良いので、広範囲に渡って、観察することができます。スコープによっては、100倍ズーム機能も付いているので、細かい部分の治療も受けられます。症状が悪化したときは、ハイビジョンの内視鏡を受けなければなりません。しかし、拡大機能が付いていると、何度も通わなくても良いので、通院の回数を減らすことができます。カメラは画質も良いので、体内の現状を素早く把握することが可能です。また、組織診断の精度も非常に良いです。

人気記事ランキング