胃カメラ検査で分かる疾患

定期的な胃カメラ検査に関して

苦痛の少ない胃カメラ検査に関して

がんや潰瘍を早期に発見するには

日本人の死亡要因のワースト一位はがんですが、中でも多いのが胃がんだと言われています。食生活の欧米化に伴って、胃を中心に内臓に大きな負担がかかってしまっています。また、日本人の大半がピロリ菌に感染してしまっているというデーターもあります。ただ、胃がんは早期に発見することで、九割以上の方が治ると言われています。早期の場合は開腹手術の必要もありませんし、体力の回復に大きなアドバンテージも得られます。そのために重要になるのが、定期的な胃カメラ検査ではないでしょうか。バリウム検査に比べると詳細ですし、被爆をしないのでカメラを受けられる方が増えています。日本はストレス社会ですし、ストレスとがんは密接な関係があると言われています。手術や抗がん剤の進化が著しいですが、根底にあるのは早期の発見と治療です。心身に大きな負担をかけないためにも、早めの検査を心がけて下さい。

しかし、重要だとは分かっていても、カメラを飲むことに抵抗を感じる方が大部分ではないでしょうか。かつての胃カメラ検査と言えば、管が太くて喉を通る際に反射が起きてしまっていました。強烈な吐き気が表れる方も多いですし、一度受けると二度目は敬遠されていた方も多いのではないでしょうか。そんな方にお勧めしたいのが、鎮静剤を使った胃カメラ検査です。適量の鎮静剤を使用することで、軽い眠りに就いた状態で検査を受けることが出来ます。吐き気を感じることが少ないですし、喉に違和感を覚えることもないと言われています。その方の体重や体質に合った鎮静剤を使うので、身体に影響を与えることがありません。アッという間に検査が終わりますし、通常の検査とは比べ物にならない位だと言われています。胃炎や潰瘍が発見される場合もありますし、その後の投薬治療でほぼ100%治ることが出来ます。潰瘍の再発が繰り返されるとがんを発病する場合もありますし、入念なケアを行うことが大切です。

ピロリ菌とがんの関連性について

また、胃カメラ検査を受けることでピロリ菌の有無を調べることが出来ます。胃がんとピロリ菌は密接な関連性がありますし、カメラでしっかりと確認することが出来ます。口からのカメラだけでなく、鼻腔からカメラを挿入することで更に苦痛を減らすことが出来ます。検査の頻度に関しては、一年~二年に一度は受けるようにして下さい。50歳を超えると胃がんのリスクが高くなりますし、人間ドックのオプションとして付け加えるのも効果的です。

人気記事ランキング