胃カメラについて

胃カメラについてお教えします

胃カメラについて不安はありませんか

そもそもどんな処置なんでしょうか

胃カメラは医療行為であり、専門家に任せることではありますが、内視鏡を入れるときは喉の部分でカメラを入れられる方の協力が必要になってきます。さらに、普段胃に入らないものを入れる処置ですので、はじめての方は特に不安もあると思います。処置を行う前に詳しく知っておくことで不安が少しでもなくなるのではないでしょうか。胃カメラでは、内緒鏡と呼ばれる機械を鼻や口から入れて食道や胃を検査したり、治療したりします。X線やCTなどではわからない細かい病変まで見ることができます。内視鏡は先端にカメラがついており、ピンセットや注射針を出せる仕組みもあり胃の組織をとって検査してもらうこともできます。

処置をする前に何をするのでしょうか

胃カメラの前には消化管を観察しやすくするために、食べ物が残らないようにします。処置前に飲食制限を行います。また、消化管は食べ物を消化するために常に動いていますが、胃カメラを入れるときに動きが激しいと観察しにくくなってしまいます。そこで、消化管の動きを抑える抗コリン薬という薬などを飲むこともあります。内視鏡を喉に入れる瞬間は喉の奥に必ず接触しますので、麻酔がなくては吐きそうになるような苦しい感じがしてしまいます。それを軽減するために喉の麻酔をスプレーをします。また、麻酔を血液中に注射して鎮静をするとさらに苦痛が軽減されます。

処置の前後の食事はいつ食べていいのでしょうか

処置を行う日の食事は取ることはできません。処置の前日の夕食は早めに取ると良いそうです。処置を行ったあと、麻酔がきいている間はうまくものを飲み込むことができません。喉の麻酔のスプレーは30分から2時間ぐらいで切れますので、水を飲んでみて飲むことができたらその後は食事を摂ることができます。また、鎮静を行った場合はその日の間は車や自転車の運転をすることができません。胃の組織をとる処置を行った場合はその日の激しい運動は行うことができないそうです。胃カメラをする前には不安もあると思いますが、直接消化管を見てもらうことで、病気があるかどうかをはっきりしてもらうことができます。胃カメラの技術は日々進歩しており、検査機器の進歩や麻酔法の進化でカメラを飲み込む時の苦痛も減ってきています。処置を行う病院によって、細かい検査の手順や前の処置が異なります。しっかり病院で説明を聞きそれを守ることで、安心して検査が受けられるでしょう。もし不安なことがあったら、検査前に不安なことを聞いてみるといいでしょう。

人気記事ランキング